富山県の城跡

富山の城跡探訪

安養寺城(安養寺御坊)

富山県小矢部市末友(地図

  一向一揆の拠点であった勝興寺があった。天正9年に織田信長方の石黒氏による攻撃を受け陥落した。(作成途中:撮影2008年5月)

古国府城
航空写真 (昭和50年・提供:国土画像情報 国土交通省)


航空写真の説明。地名と推定囲郭ライン。


北側から見た安養寺城跡。渋江川に面する高台にある。


城跡西端となる「矢倉」部分を北側から見る。


西側の推定郭ラインを南側から見る。かなりの高さがある。
奥の部分が「矢倉」。


西教寺前にあるくぼみ。


八幡宮南側


城跡東端部分を北側から見る。


オチン(御亭)と言われる場所。


ミドウヤシキ(御堂屋敷)の地名を残す田んぼ。


カネツキドウ(鐘撞堂)と言われる場所に石碑が立つ。
ここに寺院本堂があったと言い伝えられている。


勝興寺石碑


案内板

 

富山県の城|トップ

 

Google

inserted by FC2 system